あっちかこっちか
0
    ↓何を勘違いしたのか・・・

    ウィーンフィルは9月です。
    11月のチェコフィルとはかぶってません汗
    どちらにしても、B席25,000円のウィーンフィル1回より
    B席12,000円のチェコフィル2回かな汗
    もしくはS席20,000円で1回。

    日記は一応そのままとっておきます汗



    11月サントリーホールでのウィーンフィルのチケット(ブラ4他)
    なんであんなに簡単に取れたのか不思議で
    (自分の運を信じれない汗
    今年の秋はほかにどんなオケが来るんだっけ?
    と調べてみたら・・・

    同じ日に東京オペラシティで
    ブロムシュテット/チェコ・フィルが!
    ブラ1他。

    うあわ〜。
    私的にはこっちかなぁ。。。

    ブルックナー8番@サントリーもいいなぁ。。。

    ドヴォルザーク8番9番@東京文化会館・・・
    これは何故に今年よ!
    前に書いた、私的ドヴォ8お気に入りCDは
    ブロムシュテット/ドレスデン
    前にも書いたけど、ドヴォルザークはそれほど好きな作曲家ではないので
    自分が弾く機会がないと聴かないのよ〜。
    本番前だったら絶対聴きに行くところだけど・・・
    う〜む。
    | まりりん | 演奏会 | 00:50 | comments(0) | - | - | - |
    どうしよっか・・・
    0
      ヤバイ。

      ウィーンフィルの先行予約の抽選。
      2日分当選しちゃった・・・

      B席じゃはずれるだろうと思ってたのに・・・

      B席っていったって25,000円。

      実はウィーンフィルは特別好きではない。
      でもそれはCDを聴いたことがあるだけで
      生の演奏はまた違うかも
      食わず嫌いはなんだし、と
      一応申し込んでおいたら・・・あらあら。

      ウィーフィルって毎年来てるから
      結構チケットとりやすいの?

      う〜・・・
      どうしよどうしよ。
      | まりりん | 演奏会 | 15:30 | comments(0) | - | - | - |
      来年はショパン
      0
        ラ・フォル・ジュルネ行ってきました!
        楽しかった〜。

        チェロ弾きなので、チェロものをメインに聴きました。

        ♪チェロ八重奏団
        生ヴィラ=ロボス。ブラジル風バッハ1番。
        すごいわ。そして難しそう。
        いつか弾いてみたいけど・・・
        あと2曲も良かったです。
        若手の即席(?)アンサンブルだったので
        他のベテランの演奏と比べると荒削りでしたが
        チェロって最高!と再認識できる演奏でした楽しい

        ♪タチアナ・ヴァシリエヴァ
        無伴奏チェロ組曲 第1番、第3番
        とてもチャーミングな女性でした。
        はにかんだ笑顔。
        そして小花柄のパッチワーク風ワンピース。
        思わず惚れそうになりました。
        外見だけじゃないですよ。
        もちろん演奏にも引き込まれました。
        途中気がついたら、「お口がぽかん」になってました。自分がね汗
        さっそくCD買いました。

        ♪寺神戸亮
        無伴奏チェロ組曲 第2番、第6番
        ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラによる演奏。

        ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ
        左の人の持ってるのがヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ。

        簡単に言えば「肩掛けチェロ」
        これを見ると確かにチェロですが
        寺神戸さんのはこれほど大きくありませんでした。
        どちらかと言えばヴィオラの一回り大きい感じ。
        でも厚みはチェロ並み。
        当然顎にははさめないので、肩から紐でぶら下げるわけです。
        音色は・・・う〜ん、なんて言うんだろう。
        こもったヴィオラ?
        深みのある音、ではない。
        あと低弦が鳴りにくいみたい。
        弓の向きは縦。
        真下から真上に向かって動かしてました。
        これは弾きやすいのか?弾きにくいのか?
        左手は明らかにチェロより押さえやすそうでした。
        胴体が短い分ポジション移動の距離が狭くてすみます。
        しかしマゾのまりりんとしては
        チェロの、何でこんなにあっち行ったりこっち行ったりせなあかんのやと
        ひーひー言いながらえっちらおっちらやってる感じが好きなので
        さらっと無伴奏を弾けてしまうヴィオロンチェロ・ダ・スパッラには
        あまり魅力を感じませんでした。
        でも、本当はバッハはどの楽器の為に作曲したのかなぁ、とか
        バッハが聴いていた音はどんな音だったんだろう、とか想像しながら
        実際に楽器作ってみたり弾いてみたりしちゃうのは
        ロマンがあって好きです。

        それにしても気になったのが、空席の多かったこと!
        タチアナさんと寺神戸さんの公演は103席。
        チェロ八重奏は153席。
        ダニエル・キュイエさん率いるストラディヴァリアは256席。
        こんなに少ない貴重なチケットなのに空席が目立つって・・・
        しかもポツポツじゃなくて、ある箇所がごそっと。
        まぁ、スポンサー席なんでしょうけどね。
        スポンサー席を作るなとは言わないけれど
        せめて脇の席にしてほしい。
        本当に聴きたくて苦労してチケット取った人達が端っこで聴いていて
        来るかどうかわからない人達の為に確保したど真ん中が空いてるっておかしいよね。
        演奏者にとっても嫌なんじゃないのかな。
        ストラディヴァリアなんて、奏者の目の前の2列目4列目がごっそり空席。
        ダニエルさんは舞台に出てきた時は笑顔だったのに
        空席見た途端顔が曇ったように感じました。

        もうひとつ気になったのが、マスタークラスで寝てる人がいたこと!
        チェロのクラスを見学しようと開始時間の20分前に行ったらすでに満席の表示!
        さらにキャンセル待ちの列も・・・
        途中退室OKなので、退室した人がいたら順に入れてくれる
        というので頑張って並んじゃいました。
        なんとか途中から入ることはできたのだけれど
        見学してる人の中には寝てる人とか、飽きてつまらなさそうにしてる人とかも。
        外にはまだ並んでる人達がたくさんいるのに・・・
        譲ってあげればいいのにね。


        直前に連絡を取った大学オケの先輩達とは無事会えました!
        卒業以来です。
        ObのYさん、FgのTさん、Rさん、HrのKさん。
        皆さん学生時代と変わらずお元気そうでうれしかったです。
        ObのYさんと私の伯母さんが同じオケにいることが発覚!
        強烈な個性の伯母さんなので盛り上がっちゃいました。
        ClのIさんとTbのJさんは5日に来てたみたいなのですがお会いできませんでした。
        残念。

        大森さんにもお会いできました!
        丸ビルでのブランデンブルク。
        たくさんの観客が集まっていてすごかったです。
        天井が高いという理由でマイクを通しての演奏だったのが残念。
        ソリストの皆さんブラボーでした!

        さらに先日のOGオケでご一緒したHさんに偶然お会いしました!
        びっくり〜。

        あとあと、もしかしてまるまるのお嬢さんも出てました?
        無料コンサートのプログラムに見覚えのあるお名前が・・・
        気付いた時はすでに終了してました。
        もう、先に言っておいてくれないと〜。

        アンジェリーナのモンブランを食べ損ねたとか
        欲しかったグッズが売り切れてたとか
        心残りもあるけれど
        とても充実した1日で満足!

        来年のテーマはショパン。
        元ピアノ弾きのまりりんですが
        ショパンには特に思い入れがありません。
        よって来年はどうするか・・・わからないけれど
        お祭り的雰囲気は楽しい気分になれるので
        また行っちゃうかも。


        <Information>
        ブライダル・パーティ・イベント等での生演奏・演奏家派遣
        ビジョンミュージックアーティスツ


        | まりりん | 演奏会 | 23:15 | comments(4) | - | - | - |
        LA FOLLE JOURNEE au JAPON
        0
          明日はラ・フォル・ジュルネに行ってきます。
          今年のテーマは、Bach!(とヨーロッパ)

          持ってるチケットはこんな感じ。

          11:15− ファビオ・ビオンディ ヴィヴァルディ「四季」他
          16:15− チェロ八重奏団 ヴィラ=ロボス「ブラジル風バッハ」他
          18:45− ダニエル・キュイエ J.S.バッハ「ブランデンブルク協奏曲 3番、4番」他
          20:45− タチアナ・ヴァシリエヴァ J.S.バッハ「無伴奏チェロ組曲 1番、3番」
          22:15− 寺神戸亮 J.S.バッハ「無伴奏チェロ組曲 2番、6番」

          最後の公演が終わるのが23:15です。
          朝から夜中まで・・・大丈夫かしらたらーっ
          途中でくたばってそう・・・

          本当は午後の公演だけにしてのんびり行くつもりだったのに
          気付いたら午前中のも買ってました汗
          午前中の四季の後、夕方まで空いちゃうので
          チェロのマスタークラスを見学したり
          屋台ぶらぶらしようかな。
          大学オケの先輩方数名も明日行くというので
          上手く落ち合えるといいな。
          みんな予定がバラバラだけど・・・どうなるか!
          わくわく。

          終わりが23:15で最終電車に間に合わない可能性大なので
          銀座にお泊りすることにしました。
          ホテルめちゃ高いっすお金

          あと、丸の内周辺で行われる無料コンサートに
          小泉百合香さんの旦那様 大森啓史さんが出演してるのを発見見る
          4日は無理そうなので、5日に時間合わせて行ってみよう。
          楽しみ。

          とりあえず、明日朝起きれるか・・・
          連休中ずっとお寝坊さんしてたから
          けっこうヤバイかもですよ。


          <Information>
          演奏家(音楽家)派遣・音楽療法士派遣・音楽教室運営・コンサート企画
          株式会社ビジョンミュージックエンタテインメント

          | まりりん | 演奏会 | 23:43 | comments(1) | - | - | - |
          シュターツカペレ・ドレスデン
          0
            ドレスデン国立歌劇場管弦楽団の演奏会に行ってきました。

            きっかけはドボ8のCD。
            色々聴いた中でドレスデンの演奏が1番のお気に入り。
            (指揮はブロムシュテット)
            弦の音がすごくキレイなの。
            勢いとか若々しい演奏というのではなくて
            熟成してるというか丹念に練り上げた感じ。
            無駄なものを削ぎ落としてなめらかに仕上げた
            うっとりしちゃう演奏です。

            だから一度は生演奏を聴いてみたいなと思ってました。


            東京文化会館
            ファビオ・ルイジ指揮
            R.シュトラウス「ドン・ファン」
            R.シュトラウス「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
            ブラームス「交響曲第4番」

            1音目から、これはいい演奏会になるだろうなって
            一気に期待が高まる音!
            ドン・ファンってN響アワーのオープニング(今は違うけど)
            っていうイメージくらいでほとんど聴かないんだけど
            とても楽しめました。シュトラウスのあっま〜いメロディは
            ドレスデンの音と相性いいですね!
            (当たり前か!)

            ティルは正直なところ、昨秋に聴いたロイヤルコンセルトヘボウの方が好きかな。
            もちろんドレスデンのも良かったのですが
            物語性をより上手に表現してたのはコンセルトヘボウだったかも。

            そして、ブラ4。
            慎重に丁寧に弾き始めた音色の艶やかなこと・・・
            落ち着いていて、深みのある音楽。
            2楽章なんて、それはもう、至福の時でした。
            しばらく目をつぶって、その音だけに集中して
            じっくりと味わってました。
            いつまでもこの時間が終わらなければいいのにぃ〜・・・
            3楽章・4楽章は、、、ちょっと物足りなかったです。
            なんでだろう?音は相変わらずキレイなんだけど・・・
            どうやらルイジさんの指揮があまりまりりんの好みではないようです。

            ルイジさん、一生懸命バタバタ振ってるんだけど
            そんなに煽らなくてもこのオケはいい演奏するんじゃないなのかなぁ。。。
            と、ちょっと生意気に思っちゃったり。

            昨秋聴いたベルリン・フィルのブラ4と比べると・・・
            甲乙付け難いですねぇ。
            どちらも個性があって
            その個性が真逆な感じで
            どっちもいい!
            ベルリン・フィルが個人の技術の結晶だとしたら
            ドレスデンはアンサンブルの妙。
            どちらもドイツのオケだけれど
            創り出す音楽は随分と違うものなんですね。


            それにしてもチケット高すぎるよ。
            またまた節約生活始めなくちゃ。

            | まりりん | 演奏会 | 23:59 | comments(0) | - | - | - |